そこに本があるから

なんで本を読むかって?そこに本があるからさ

【生活】20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方/野瀬大樹、裕子

スポンサーリンク

20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方/野瀬 大樹

¥1,344

Amazon.co.jp

2011年49冊目

【要約】

やっぱり気になります、お金のこと。

独身でもお金が思うように貯まらないのに、結婚したらどうなるの?といつも気になります。

この本は題名を見ると、

・結婚するまでにどうやって貯金をするの?

とか、

・結婚資金ってどれくらいいるの?

って内容が書いてあると思ったんですが、書いている内容は、結婚してから奥さん、旦那さんと金銭感覚について、どうやって折り合いをつけていくとか、巷にあふれるおいしいお金の話はほんとなの?って話がメインです。

なんで、この本は次の方にオススメです。

■奥さん(旦那さん)とまったく金銭感覚が合わないんだけど、どうしたらいいの?って方。

■奥さん(旦那さん)の無駄遣いをやめさせたいんだけど、どうしたらいいの?って方。

まぁ、私にはまだ早いですが、勉強になりました。

内容は、そんなに難しいことは書いてません、しかし、金銭感覚の意識改革にはなるような内容が書いてあります。

とりあえず、できるところから始めてみませんか?(P.24)

家計簿なんてつけたことのないおおざっぱな旦那さん、1円単位で家計簿につけているしっかりな奥さん、そんな著者夫婦が「とりあえず、できるところから始めてみませんか?」というところから歩み寄り、ざっくりでいいので、家計簿をつけると思ったより効果があって、はじめは5万円の小遣いを3万円でもやりくりできるようになったとのこと。

著者が主張するのは、いきなり高いハードルは設けないこと。

当たり前のことですが、いい言葉だと思いました。

どんなことでも、まずは始めの一歩

とりあえず、できるところから始めてみませんか?

【フィードバック】

スターバックスのコーヒーラテ(職場で毎日飲む)

<表面上の値段>   380円

<1日あたり>    380円

<1年あたり>    9万5000円

缶コーヒー(職場で毎日飲む)

<表面上の値段>   120円

<1日あたり>    120円

<1年あたり>    3万円

【個人的総合評価】

★★★★☆

広告を非表示にする