そこに本があるから

なんで本を読むかって?そこに本があるからさ

【世界遺産】世界の遺跡/鎌倉淳

スポンサーリンク

死ぬまでに一度は行きたい世界の遺跡 (新書y)/鎌倉 淳

¥945

Amazon.co.jp

2011年43冊目

【要約】

世界遺産検定のまわし者ではないですが、世界遺産関連本の紹介です。

【第9回世界遺産検定】 検定日/ 2011年7月3日(日) 申込受付中!

開催都市 / 北海道・仙台・さいたま・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡・熊本

申込期間 / 2011年3月25日~5月31日

申込方法 / インターネット(公式サイト) 郵便

http://www.sekaken.jp/

紀行家である著者は、今まで世界の遺跡探訪を開始し、十数年かけて世界的に有名な遺跡はほぼ全て踏破したという。その中で「ナポリを見てから死ね」とヨーロッパで有名なキャッチフレーズならぬ、ナポリを見る前に見てほしい観光名所を紹介した本。

いわゆる定番の世界遺産の紹介が多いですが、世界遺産以外にもいろいろな場所を紹介している。

定番ものでいえば、

マチュピチュ(ペルー)

■アンコール(カンボジア

■ペトラ(ヨルダン)

イースター島(チリ)

カッパドキア(トルコ)

■アユタヤ(タイ)

■タージマハル(インド)

などなどです。

筆者が世界遺産以外にも紹介しているものとして「大日本帝国遺産と日本の超古代遺跡を訪ねる」という章にあって、

■旅順(中国)

南樺太

■与那国海底

などなど。

紹介のやり方としては、

【筆者の遺跡に関する所感】

【遺跡データ】

【旅行データ】

となっており、一か所6~10ページの31か所が掲載されています。

これもまた、旅行を行きたくならせてくれる本です。

【総合評価】

★★★★☆

広告を非表示にする